ぼろぼろになった本
b0014003_2028478.jpg

学生の頃、買った本(まだ10代)。
「吉村順三設計図集」新建築社 1979年5月10日発刊の初版本。当時、7000円。

何かにつけて、いまだに取り出して開く・・・
うちのスタッフ達との打ち合わせにも頻繁に引っ張り出してくる本だ。
背表紙がはがれ、表も裏表紙もバラバラである。

吉村順三というと、「今時・・・」といい顔しない人たちも少なくない。
たぶん、これからの、新しい建築に大きな可能性が無い
というように思っているのだろう。

学生の時からそう・・・
でも、流行廃りでは無くて、ぼくに取っては一番しっくりくる建築家だった。

独立ししたての頃、短い間、旧、吉村順三事務所(そのときはOM研究所)に
伊礼智設計室は間借りさせていただいていた。

ごく普通の設計に見えるのだが、普通では無い・・・しっくりくる。
応接室など、何も無いのだが、凛とした空気が漂っていて魅力に富む。
この魅力は何だろうと思って、許可を頂き実測させてもらった。

来月、出版予定の「伊礼智の住宅設計作法」(新建新聞社)に
その、旧、吉村事務所の応接室の実測図を挿絵的に使う事になった。
打ち合わせ室のあり方が大事だ・・・と言う話の挿絵なのであるが、
吉村家の許可を取らなければ・・・とお伺いをしていた。
今日、使用を許可するというハガキを頂く。

自分の愛着・・・単なる愛着と言われてもいい・・・
それについて、ごく普通に
遠慮無く書いたり、話せたりする環境が整っていくことが
何だか、無邪気にうれしかった。



5月23日、24日 オープンハウスのご案内

住まい手向けの住宅セミナーの御案内
伊礼智設計室プロフィール
by satoshi_irei | 2009-05-11 20:34 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/10936366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よねお at 2009-05-11 22:49 x
吉村さんの本、ビシバシ気合いが入っていますね。我が家もシンプルですが、時間が経つほどにしっくりしてきましたよ。おおらかに健康に暮らしていることに感謝しています。新しい本、楽しみです。
Commented by satoshi_irei at 2009-05-12 15:11
よねおさま
先日は撮影・・・お疲れ様でした。
写真が楽しみです。


<< 撥水材 59 原稿の追い込み >>