カフェレストラン「風車」4 住宅部分
b0014003_18174787.jpgb0014003_1818085.jpg




















4階建てのビルの2階が「風車」、3階はオーナー住宅となります。
ガルバリウム鋼板で遮熱されたコンクリート打ち放しの外壁面と
間仕切り壁を火山灰クリームで白く塗られたコントラストの、
大らかで伸びやかな、肩肘張らないテイストは住まい方にも持ち込まれています。

風がルーバーで覆われた西から東へと抜けていきます。
東側には「カテナ基地」が遠くに見え、4階の屋上庭園に上がると遠く西に海がちらりと望めます。
リビングの真ん中には先祖を祭る「トートーメー」(仏壇)。
風と、海と米軍基地、トートーメーと沖縄ならでは・・・という感じですね。
ここ3階のダイニングの辺りと、朝のシャワーがとても気持ちよいとのこと。

ガルバリウムの被服もコンクリートの室内の表面温度の低減にとても効果がありました。
ガルバリウムの被服と、そうでないところで、真夏時に室内表面温度の差が最大(夕方5時頃)で4℃です。
沖縄にとって「蓄熱しない建物」を考えることが、住まい手にも、街に対しても大きな宿題のひとつなんだと思います。

設計・伊礼智/伊礼智設計室(担当 島華子 松長浩子)
by satoshi_irei | 2004-08-21 21:02 | ・住まい・建築 | Comments(0)


<< カフェレストラン「風車」5 カフェレストラン「風車」3 >>