卒業パーティ
昨日はスタッフの華子の卒業パーティ。
6年前、沖縄の琉球大学を卒業してやってきた。
たまたま、恩師である福島俊介先生の自宅でお正月に出会う。

東京に出て、設計事務所に勤めたいとのこと・・・。
ちょうどその頃、仕事が増えてひとりスタッフを・・・と思っていたところ、
来てもらうことにした。

おとなしそうな感じのいい娘・・・という印象をのこしたまま、
目白駅で待ち合わせたら、髪型がアフロになっていた・・・面食らった(笑)
大学の卒業式で弾けてみたらしい(笑)

初めての仕事が「江戸川ソーラーキャット」(住宅特集 04年4月号)の詳細図。
新人には無理かも知れないと思ったのだが、コツコツと図面を書くことが好きらしく、
きちんとやってのけた。
その後、15軒ほどの住宅を担当する。
丸6年努めて、今度、諸事情で沖縄に帰ることなった。



b0014003_10151975.jpgb0014003_10153449.jpg

誰よりも朝早く事務所に出てきて、コツコツと働き、
事務所のお昼ご飯はいつも助手をつとめ、残り物は全部、平らげた(笑)

うちの事務所では卒業するときはどういうわけか、近くの
モン・サカタで服を買ってあげる習慣になってしまった(汗)。

今回も森泉を連れて、
お店の人と4人がかりでああでもない、こうでもないと服を決める。
(その服は、後日、彼女の担当だった「町角の家」の
竣工3周年記念パーティ&華子の壮行会に
着てくることになった)

その後、事務所のみで軽く、密やかに卒業パーティ。
本人はその日の午後の打ち合わせのため、徹夜したらしい。
(事務所最後の日が徹夜・・・笑)。
聞きつけた仕事仲間から花束が届いたりと、
だんだん、お別れ会らしくなってきたのだが、実感がわかない・・・。


うちの事務所の最大の功労者であったのは間違いない・・・
というわけで、沖縄の物件も引き続きやってもらい、
その他の仕事も沖縄から
遠距離で一緒に仕事ができるかどうか、やってみることにした。
これでは実感がわかないのも無理はないか・・・(笑)?

後日行われる「壮行会」は本番の卒業式になる・・・
その日は選んだ服を着て、大学を卒業したときのように弾けてもらいたい・・・
また、アフロになっていたりして・・・。

島華子の主な担当作
東京町家・町角の家
江戸川ソーラーキャット
i-works2008
by satoshi_irei | 2009-03-25 11:01 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/10584983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokyomachiya at 2009-03-25 11:30
奇抜なファッションで、いつもドッキリさせてくれる華子。
いつもペコちゃんのような笑顔で、泣き言言わずにがんばる華子。
突然持ち込んだ食材を、実にうまく調理して、食材の味を活かす術は、普段の仕事に通じる。

家庭の事情で志半ばで沖縄に帰らなければならなくなっても、笑顔で明るく買って出る器量の大きさ。
実に良くできた子です。
遠距離恋愛じゃなかった、労働を今のネット社会は可能にした。
いつか沖縄に、華子に会いに行きたいと思う。
卒業おめでとう!
Commented by satoshi_irei at 2009-03-25 11:46
迎川さん
沖縄は大不況で大変そうですが、
木造ができる設計者が少ないはずですので
がんばれば面白い活動ができるかも知れませんね。

Commented by tanaka-kinoie at 2009-03-25 19:36
そう言えば、初めて小岩で待ち合わせをした時にアフロでした。(笑)
初めての現場が江戸川ソーラーキャットだったなんて・・・・・・
島さん、本当によくやってのけたと思います。
私でさえもよくやってのけたと思うほどの現場でしたから・・・・(笑)
Commented by satoshi_irei at 2009-03-25 20:39
田中さん
今日は事務所で片付けをしていますが・・・
今のところアフロではありません(笑)。
Commented by boro9239 at 2009-03-25 22:04
そうですか。さびしくなりますね。よろしくお伝え下さい。
Commented by satoshi_irei at 2009-03-26 09:32
竹内さん
了解です(笑)
Commented by miwatari at 2009-03-26 10:27 x
そうですか。残念ですね。うちも垂水モデルを担当していただきました。現場担当の西谷が毎日電話で華子さんに仕事の内容を確認しながら、怒ったり笑ったりしていたのを思い出します。本当にありがとうございました。沖縄からもいい仕事を頑張ってください。
Commented by satoshi_irei at 2009-03-26 11:47
三渡さん
いろいろとお世話になりました。
神戸の夜景を見せていただいたそうで、喜んでいました。
沖縄で面白いことを一緒にやれたらと話ています。
Commented by ike at 2009-03-27 17:41 x
放射温度計の手タレになってもらったこともありましたね。沖縄でもご活躍を。伊礼設計室は独立ではなく「卒業」なんですね。モーニング娘。みたい。すると、伊礼さんは建築界のつんく♂ですね(笑)。
Commented by satoshi_irei at 2009-04-09 20:13
池内さん
そうです、あの「涼しく暮らす」の手タレは華子です。
うちの事務所はモーニング娘?・・・あるいは宝塚みたいな
ものにしようか?とも思います(笑)。



<< 居住コース・謝恩会 住宅建築4月号 時代に負けない... >>