沖縄の家
b0014003_14132750.jpgb0014003_1415045.jpg

沖縄の与那原に建つ住宅のファースト模型です。
先日、最初のプレゼンテーションをすませた。

2つの世帯を2つの中庭で距離を取り、
外部から内部へ、小さな居場所をあちこちに創りながら
単純な形にまとめてみようと思いました。

スムースにいけば年末にはお披露目できるかと思います。

この敷地の近くには与那原カトリック教会(聖クララ協会)があります。
敷地を見ての帰り、この教会をはじめて訪れました。
モダンなステンドグラスが有名で印象深い教会ですが
穴あきブロックで見え隠れする中庭も、素朴ですがとても良かった。

沖縄の古い民家は中庭住宅を言っても過言ではないのですが、
沖縄の住まいと中庭を考え直してみたいと思いました。

今回は住まい手の要望が2つの中庭でうまく解けたように思います。
by satoshi_irei | 2009-03-03 14:40 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/10435964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 住まいの中の小さな風景 江戸川の家 小さな家(江戸川の家) オープ... >>