建築は土地から開放されるのか?プロダクトとは何か?
小さな家のプロジェクトに取り組んでいます。
「小さな家をプロダクトのように、車のように提供したい・・・」
そんな、いつもなら相手にしない話を持ち込んできた方がいた。

ひととおり、話を聞いたのですが、
経済人は住宅がわかっていない!!と薄くなった、
その方のおでこをたたいた(笑)。

でも、実はこれまでやってきた「i-works」という仕事は
「プレタポルテの家」(建築知識2005年4月号)とも言えます。
「標準化」を試みて、改善を重ねてきた家づくりは
「プロダクト」的な要素を持っていたのかもしれません。

車や椅子と建築は違う。
土地についている、その場にある、その地の環境と応答している。
中で暮らす人が変わろうとも、建築は動かない・・・・プロダクトにはなり得ない。

そんな常識?と
建築はもっと自由に存在できるのでは?という、
希望のような思いもあって、取り組んでいる。

答えは見えない・・・たぶん、最後まで見えないのでしょうが、
何か違うステージが開けるだろうかとも思う?。

例えば、藤本荘介さんの三層の入れ子構造の家は
外との関係をあいまいにする仕掛けだと思います。
建築が土地、場から開放されて存在できる?手法と見ることもできます。
建築と土地(場)との関係が、自由になれる・・・そんな気がすることが
あの家の功績のようにも思えるのです。

土曜住宅学校で、講師としていらしていただいた
長谷川豪さんも開口部と庭との関係をぼかしていました。
関係を強くする設計でなくて、弱くする設計を意志を持ってやった・・・
と見えました(決して関係を拒絶しているわけではない)。

内部と外部を制御する装置は開口部・・・・
豊かさは全て外部からやってくる・・・
設計って「外部」をどれだけ採り入れるだけでしょう?と話してくれたのは
座談会でご一緒させていただいた哲学者の野矢茂樹さんでした。

そのあり方を考えることで少しは「場」から自由度を獲得できる、
少しプロダクトに近づける家ができるかもしれません。
いやいや、そもそも「プロダクト」とは何かさえ良く分かっていないのです。

悶々としながら、詰めています。
建築はその「土地」、その「場」から自由になれるか?
プロダクトとは何か?・・・。
by satoshi_irei | 2009-01-28 21:26 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/10264947
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 塩地博文 at 2009-01-28 23:56 x
薄毛って、伝染病ですか?・・・爆
Commented by tokyomachiya at 2009-01-29 00:04
土地が発する声を素直に受け入れられるプロダクツがいいですね。
プロダクツのためのプロダクツでは意味がない。
不毛なプロダクツは、単なる社会の粗大ゴミにしかなりません!
Commented by クラッカーランド at 2009-01-29 07:49 x
なにか違うステージが開けること。
土地と場から、建築が自由になること。
プロダクトというもの。

とっても難しい内容ですが、案外人間は打開策を見つけてしまうのだと思っています。といっても、ireiさんたちのようなプロの方が、ある日「はっ!」とひらめくのでしょうが。
薄毛になっても、ガンバって下さい(笑)
Commented by tanaka-kinoie at 2009-01-29 11:07
薄毛になって、おでこを叩いてアイデアが浮かぶのであれば、
薄毛になってもいいかな~ (笑)
小さな家のプロジェクト・・・・・うまくいかせたいですね。
Commented by satoshi_irei at 2009-01-29 14:22
みなさん+++プロダクトやめてただの小さな家にしましょうよ.
Commented by fuRu at 2009-01-29 18:07 x
小さな家をつきつめて\どんどんやってゆくと
プロダクトになっちゃうかもしれませんね。
Commented by 8歳児の父 at 2009-01-29 18:44 x
伊礼様
昨日差し上げた電話では、意を尽くせなかったように思います。
ご迷惑をかけてすみませんでした。
ところで、このブログを拝見して、素人の私が最初に思いついたのが
ル・コルビュジエの「住宅は住むための機械である」と言う言葉でした。
「大地から切り離された」と称される『サヴォワ邸』と小さな家の
プロジェクト。 外との関係を曖昧にする、など 新しい5原則を
打ち出されては如何でしょうか?
Commented by satoshi_irei at 2009-01-30 11:44
8歳児の父さま

窓のない家・・・なら可能性があるでしょうね。
法規をクリアするのがむずかしいですね。
Commented by niwaniwa at 2009-02-05 21:04 x
自由とはなんなのでしょう。少なくともそこに自由はないような気がするのですが。
Commented by boiled_peanuts at 2009-02-12 05:03
たくさんの人にまっとうな住まいを・・・と常々願っているので(かといって、すべての人が注文住宅に住めるわけではないと思うので)、私は「プロダクト」という考え方にとても興味があります。

環境と応答する部分を残しながらのハーフビルド・・・って素人考えなのかもしれませんが、
伊礼さんがよくおっしゃる「いつもの仕事」を突き詰めると、そんな夢のような話が実現しそうな気がして・・・今回のご提案をされた方のお気持ちが分かる気がします。

でも「窓」・・・なのですね。

そうすると、確かに「ただの『小さな家』」を好ましいとする文化が育てば、私の願いはかなうのかもしれません。

我が家が、ちょっとコンパクトになって実現したように♪(笑)
Commented by satoshi_irei at 2009-04-18 17:25
boiled_peanutsさん
今の住宅はプロダクトの集積です。どんどんプロダクト化されていっています。
それに逆らっていたのが建築家なのですが思い切ってやってみるのもいいかもしれません。
すこしづつ、進めてみます。


<< 業務連絡・・・・パソコンが壊れました イザットハウス総会 >>