居住コース・授業終了
今日で、2008年度の授業が終了。
今年から1年生を通年で見ることになったのですが、見違えるような進歩で
今日は中山繁信さんと共に満足。

グループ課題も、先週の時点ではどうなることか?と思ったのですが
この1週間の彼女たちの頑張りは凄かった・・・
「みんな良くやった」と中山さんも笑顔がこぼれた。

これから、宮脇賞めざして、正月なしで頑張ってもらいますが(笑)
いい結果を残しそうな出来です。

1年生は初めてで、とにかく、手が掛かります。
まだ気は抜けません・・・でも、どんどん成長していく様は楽しい。
お正月はまず、気になることがひとつ減って良かった(笑)。
by satoshi_irei | 2008-12-22 19:41 | ・住まい・建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://irei.exblog.jp/tb/10074265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tanaka-kinoie at 2008-12-23 08:30
建築の学校を出ていないので私ももう一度、基礎から勉強したいです・・・・
建築を出なかったから返って良かったと言われる事もあるのですが。
自分の建築の原点は祖父の自邸にあるのを最近は感じています。
Commented by satoshi_irei at 2008-12-23 09:50
田中さん
「知らない」ことも武器になることが確かにありますね。

知識は知性を変える・・・
決していい方向ばかりに変わるとは限りませんね。

身体に染みこんだもの(遺伝、経験・・・)は大事だと思います。
というより、逃れられないですね(笑)



<< 生き残る素材を考える・・・素材... 秩父の発酵バターが手に入らない >>